【同居のメリット】突然大やけど!というとき、頼りになる

あおいわし

嫁姑問題を解決に導くお手伝いをしています、あおいわしです

義両親との同居、同居まで行かなくても近くに住むことは、新妻にとっては精神的にかなりキツイですよね。

余計なお世話をしてくれたり、逆に心配になるようなことを言われたり……(^^;

普段は「こんちくしょーっ!(>_<)」と感じる義両親ですが(笑)、この記事では逆に近くにいてくれて助かった!と思えることを書きたいと思います。

子どもは、特に未就学児の間はよく熱を出しますよね。乳児湿疹が出たり、いろいろなトラブルがあり病院のお世話になることがしばしばです。

そんなとき、若いママは経験も浅いので、対処法が分からずオロオロするばかり、ということはないでしょうか?

もちろん、今はネットでなんでも調べられるし、夜中でも電話で症状を伝えると緊急で病院にかかったほうが良いのかどうか、アドバイスをくれるというサービスもあります。

ちょっとした発熱やケガなら、義両親の力を借りなくても平気だと感じているでしょう。むしろ、ちょっとした微熱で「病院行かなくて良いの?」とか、清潔にしていればキレイになる乳児湿疹で「病院に連れて行かないなんて、虐待だ!」とか、過剰に心配してくる義両親だったりすると、子どものことどころじゃなく、自分の感情との闘いになりますよね(^^;

あおいわし

ちなみに、上記ネタは私の実例です(笑)

しかし、それは子どもが結果的に大丈夫だったときの話。

うちでは、長女が4歳くらいのときに、カップラーメンをこぼして大やけどを負ったことがありました。「ぎゃーっ!」という声が聞こえたので様子を見ると、さっき出したカップラーメンがひっくり返っていたのです!太ももにこぼしたようでした。

一瞬「あれ?やけどってどうしたら良いの!?」とパニくる私。

そのとき、義母がたまたま居合わせたのですが……。

私はとりあえずズボンを脱がせようとしたのですが、「そっち持って!」と義母に言われるがまま長女を抱えてシンクまで連れてきて、ズボンをはかせたまま流水で幹部を冷やしました。

後で分かったことですが、ズボンをすぐに脱がせていたら、皮がベロンとはがれていた可能性があります(>_<)

義母の指示に従って最初に冷やしたことで、火傷はしたものの、皮がはがれてしまうようなひどい傷にはならずにすみました。

それと、うちには長女のほかに2歳下の長男、4歳下の次女がいるため、下2人を連れて、火傷した長女を病院に連れて行くのは、かなり大変だったと思います。が、その日は義母が、病院の手配をし、普段は数時間待ちの病院に連れて行ってくれて、すぐに帰ってきてくれました。

この時ほど、義母が近くに住んでいたことに感謝した日はありません(笑)

 

普段は「余計なお世話!あなたたちが子育てをしていたころとは、常識が違うの!」と思ったりもしますが、咄嗟の判断は新米の私たちよりも、ベテランの義母の方に軍配が上がるなぁと感じました。

ちょっと悔しいですが(;’∀’)、そこは認めた方が、後々子どものためになると感じた出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyrighted Image