【嫁姑問題/同居】姑が家事を手伝ってくれない!そんなときは……?

あおいわし

嫁姑問題を解決に導くお手伝いをしています、あおいわしです

同居のメリットはなんといっても、家事を分担できること!ですよね(*^_^*) 旦那さんが協力的なら良いのですが、協力的な旦那さんであっても、意外と細かいところには気が付かないことが多いもの。かゆいところに手が届くのは、やっぱり女性だったりするのは、脳の構造上仕方のないことなのかもしれません。

そんな同居のメリットを享受できない場合があります。

お姑さんが、家事をやってくれない!なんていう方、いませんか?

私の場合は、今現在は敷地内同居のため、それぞれの家の家事はそれぞれで行っていますが、夕飯は一緒に食べています。夕方5時くらいには義両親の家に子どもたちと移動し、そこで夕飯を作って食べ、片付けて、寝る直前に自分たちの家に帰ってくるという生活スタイルです。

うちの姑は、結構いろいろやってくれるタイプではあるのですが、夕飯後の食器の片付けだけは、ほとんど手伝ってはくれません。主人の祖母(子どもたちのひいばあちゃん)が食器を洗ってくれようとしても、「あおいわしがやるから、ばあちゃんはやらないで!」と、逆に怒られてしまっていました(;’∀’) うちは、大きいばあちゃんより中ばあちゃんの方が強いようです(^^;

私が茶碗洗いに入ると、食器を下げるのは主人の仕事。主人がいないときは姑もやってくれますが、ほとんどは居間でのんびりテレビを見ています。

最初のころは、すっごく頭に来ていました(;’∀’)

平日は、夕飯を姑が作ってくれるので、片付けくらいは私が……と思っていたので良いのですが、土日祝日の私が休みの日は、夕飯を私が作ります。だったら、たまには食器洗いをやってくれても良いのでは……?と思うのですが……やる気配なし。私が用事があって他のことをやっていると、テーブルも流しもそのまんまの状態です。

だからといって、いじわるでやっているというわけではなさそう……。

もしかしたら、素で「家事は分担するものではなく、嫁がやるもの」と思っているかもしれません……(;’∀’)

いや、本人に聞いたわけではないので分かりませんが(^^;

 

で、最初こそイライラして、なんで私だけやらなきゃいけないの!?と思っていた私ですが、最近は自分の仕事として受け入れられるようになってきました。もちろん、機嫌が悪いときや疲れているとき、ムシャクシャしているときは「なんで私ばかり!?たまにはやってくれても良いじゃん!!ケチー!!!」と思ったりもします(笑)

が、普通以上の気分のときは、「私の仕事だし、ちゃっちゃとやってしまいますか!」と思えるようになりました

私になにがあったのでしょうか……?

いや、別に特別何があったわけではないのですが(笑)

もちろん、姑と相談して「姑さんもやってくれませんか?」と交渉するのもありだと思います。が、私はそれはやりませんでした。衝突のタネを増やすよりも、私がやってしまった方がいいや、と思ったので。

ここで大切なのは、自分の機嫌を常に(とは言わないけれど、できるだけ)良い状態にしてあげることです。

例えば、仕事で失敗して帰ってきた日にする茶碗洗いと、すっごく大好きなバンドの生演奏を聴いて帰ってきた日にする茶碗洗いとでは、毎日やっている茶碗洗いでも気分は違いますよね?

仕事で失敗した日は、それこそ「なんで手伝ってくれないのよ!」と怒り爆発かと思いますが、一日中楽しいことをして気分の良い日であれば、「茶碗洗いくらい鼻歌歌いながらやっちゃうわ♪」とルンルン気分でスポンジに洗剤を付けるでしょう。

あなたの気分次第で、同じ作業も楽しくできたり、苦行になったりします。せっかくなら、苦行よりも楽しくできた方が良いですよね?

大嫌いな茶碗洗いも、事前に自分の気分を楽しい気分に盛り上げておくことで、楽しい時間になっちゃったりします。最近の私は、ある意味誰にも邪魔されない時間だということに気づいたので、オーディブルで本を聞きながら茶碗を洗っています。

嫌な作業も考え方、使い方次第。

あなた次第なのです(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyrighted Image