2020年から、嫁姑にも変化が訪れるでしょう

2020年は、昭和的な古い考えを引きずっている人たちが淘汰されていき、新しい時代になるそうです。

「どこ情報だよ!?」って感じですが(^^; 宇宙です(笑)

昭和以前の「嫁は夫や姑に従わなければならない」とか「後継ぎとして子どもを産まなければならない」とか、「女は結婚しなければならない」とか…

今の時代、嫁と姑といっても1人の人と人ですから、嫁だからと言って誰かの下につかなければならないことはありません。

田舎って、未だに「後継ぎ」を求めますよね。何の家業がなくても…。なんでなんだろう?って私は考えてしまうのですが…。

何を「継ぐ」んだろう?ってね(^^;

もちろん、その価値観を否定したいわけではありませんが、その価値観で苦しんでいるのだとすれば、捨てた方が良い価値観になります。

あと、よく子どもを産む産まないで年配の方たちが言うのは、「自分の面倒を最終的に見てくれる人がいなくなるから、子どもはいた方が良い」と言うんですよね。それって、生まれた子供からしたら「私は親の面倒を見るために生まれたの!?」という感じですよね(^^;

昔は、そうしないと悲惨な最期だったのかもしれませんが、今は老人ホームやグループホームなど、高齢者一人世帯を助けてくれるサービスもありますからね。

「女は結婚」と言う考え方も、今は女性も働く時代、というか、女性が仕事で活躍する時代ですので、時代に合わない考え方と言えます。

これからどんどん、世の中の価値観が変わってきます。

古い考え方で苦しんでいるのだとしたら、それに引きずられないように、自分の考えを大切にして、自分を保つ努力をすることで、これからの時代、グンと幸せになれるようなので、少しでも意識してみることをお勧めします^_^

一気に切り替えなくても大丈夫です、というか、一気には切り替えられないので、毎日少しずつ、「ポジティブなことに目を向ける」ことを続けることで、いつの間にか「あれ?状況が良くなってるかも!?」となるはずです。

また、「ネガティブなことを見てしまっても自分を責めない」ことも大切です。

「ポジティブシンキング」なんて流行った時期がありましたが、ポジティブだけが自分の役に立つものではなく、ネガティブな部分も必要なので、ネガティブな感情が発生したことに気づいてあげるだけで良いのです。

日本人は「他人のために」が好きですが、他人のためを思うのは素晴らしいことですが、その前に、まずは自分を満たす必要があります。

もし今まで、「お姑さんのために…旦那さんのために…」と自分を犠牲にしていたのでしたら、今から「自分を最優先」にしてくださいね。

お優しい方は、自分を犠牲にしているつもりはないというか、自分を犠牲にしていることに気づいていないような方もいます。

私の旦那は、それこそ人に優しく、NOと言えない人なのですが、自分を犠牲にしていることに気づいていません。が、私から見ると、ちょっとしたことでイライラしていたり、しかもそのイライラしている気持ちに本人が気づいていなかったり…。他人を優先することばかりしてきたので、自分を満たしてあげることをしてこなかったんだろうなぁと思います(^^;

幸か不幸か、私は「自分のためにしか動けない」人間でした(笑)

旦那や姑は、家族のために動くのが当たり前と思っている人たちで、私は「母親・嫁失格」扱いでしょう(笑)

自分でも、「人のために動けないって、ヒドイ人間なんだな、私」と思ったこともありますし、せめて子どものために、お弁当をキャラ弁にしたり、バッグを手作りしたら良いかな?と思いましたが、できませんでした(笑)

「だって、私の本心はやりたくないって言ってるもん!」って感じでした(^^;

本当に、自分がやりたいと思ったことしかできないんですよ(笑)

でも、他人に迷惑をかけ(たのか分かりませんが、旦那と姑は嫌な思いをしたのでしょう。それも彼らの固定観念のせいですが(笑))たおかげで、今現在、『嫁姑問題で困っている人を助けたい!』と本気で思えるようになりました。

さらに、姑に対しても愛情が湧いてきたと言いますか、姑の話に素直に耳を傾けることができるようになりました。

これは、自分を満たしきったから湧いてきた感情なんだと思います。

自分を満たしきると、次は「誰かのために何かしてあげたいなぁ」という感情が出てきます。

その時まで、お姑さんは置いといて、怖がらずに「ご自分を満たしてあげること」に集中してください。

何年かかるか分かりませんが、満たしきると、お姑さんのことも許せるようになる日が来るはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です