【魂を成長させる方法】①日常生活を丁寧に送る

あおいわし

前回は、「魂を成長させると、どうなるのか?」についてお話しました。

今回は、「じゃぁ、どうやったら魂は成長するの…?」というわけで、具体的な方法についてお伝えします。

何よりもまず大切なこと、それはコレ↓です。

日常生活を丁寧に送る

……えぇ~……

なんか、地味過ぎません……?

魂を成長させるって、地味な作業ですよ。たぶん(笑)

もちろん、これが唯一の正解だ!とは言えません。いろんな方法があるんだと思うんですよ。

これは、私の知識と経験から得られた結果です(‘ω’)ノ

少し丁寧に説明しますと――

そもそも、地球に生まれてきて、地球で生きること自体が「魂を成長させるための修行」らしいんです。

子どものころから比べると、大人の自分は「あぁ成長したなぁ、大人になったなぁ」と思いませんか?子どものころから比べると、成長しているんです。心も身体も。

で、第1段階の成長はクリアするわけですが…

大人になると、自分の成長を感じられる機会って減りますよね。

社会人になりたてのころは、会社の仕事が少しずつできるようになってきて成長を感じます。が、慣れてくると毎日同じ作業の繰り返しのような感覚に陥りませんか?

私はそうでした(笑)

 

なぜ、「日常生活を丁寧に送る」ことが、魂の成長につながるのか…?

それは、日常生活で起こる出来事を、細かく細かく見ていくと、実は成長してるんですよ、私たち(笑)

うちの実例を挙げると、こんな感じです↓↓↓

①問題が起こる

小さな小さな問題なら、毎日何かしら起きていますよね?問題と感じないくらい、些細なことを拾い集めると、意外とありませんか?

例えば、朝自分が寝坊したので、子どもを起こすのも遅くなり、結果的に出社がギリギリになってしまった。

という場合を考えてみます。

②それと真剣に向き合って解決する

事の発端は、自分が寝坊したことですが、よくよく考えたら、子どもたちの準備が遅かったせいもあるかもしれないと気づきます。

いつもは、服が汚れたら大変だと思い、ご飯を食べた後に着替えさせていたけど、ご飯を作っている時間、子どもたちはヒマそう…。その時間に着替えさせたら、時間の節約にならないだろうか…?

というわけで、自分がご飯を作っている間に、子どもたちには着替えやらなにやら、学校や保育園に行く準備をするよう声を掛けます。

すると、ご飯ができたころには子どもたちの準備もできていて、ご飯を食べ終わったらすぐに出発できるようになりました!

③その出来事から気づきを得て、それを素直に受け入れる。

朝の準備の順番を変えたらうまく行きました。

この出来事で、私は、「子どもたちは、意外と自分でなんでもできるんだ」ということに気づきましたし、後になって気づいたことですが、「私が早く起きれば、子どもたちも早く起きる。今まで子どもたちが寝坊していたのは、私が起きるのが遅かったから」だということが分かりました。

子どもたちは、「私が起こしてあげないと起きられない」と思い込んでいましたが、私が早く起きることで、次々と勝手に起きてくるようになったのです。

④今後の人生に活かす

この出来事ひとつで「この経験を、これに活かそう!」みたいなのは、なかなか思いつきませんが……こういう「あ、そうか!」をたくさん経験すると、「なるほど、こういうことか!こうすれば良いのか!」と、スッと入ってくるときが来るはずです(*´ω`*)

これで、魂のレベル+1です(笑)

え……?魂を成長させるって、そんな簡単なことで良いんですか?

私はてっきり、毎日30分瞑想したり、毎日欠かさず神社に通ったり…大変な修行を想像していました。

瞑想とかも、できるならやった方が良いのかもしれませんが、私は続きません(;’∀’)

それよりも、こういう日常生活のちょっとしたことから気づきを得て、「あ、そうか!」を増やし、改善していくことは、幸せな人生を送るための近道なんじゃないかな?と思っています^_^

ちょっと長くなってしまったので、その②に続きます~(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です