良いか悪いかは最後まで分からない

先日、こんなことがありました。

メルカリで、ずっと欲しかった漫画が全巻セットで出品されていました。値段も安くて、写真を見る限りでは綺麗な状態だったので、即購入!

わくわくと待っていたある日、郵便受けに再配達通知が。

そこには着払い1,730円の文字が!

え?着払い?何か着払いで買ったっけ?

私が着払いにするはずがない!(現金を持ち歩いていないため)

そこで、ふと思い出しました。

「もしかして、メルカリの漫画全セットか!?」

急いで携帯を確認すると、確かに「送料:購入者(着払い)」の文字がΣ(゚д゚lll)ガーン

 

私もメルカリで出品していますが、購入者が買いやすいようにと思い、送料は出品者負担にしています。

さらに、メルカリの文化として、出品者負担が多いので、すっかり出品者負担だと思い込んでいました……。

 

それに気づいたときは、すごく悔しくて、自分の責任ではあるけれど「出品者さんは、なんで送料負担にしてくれないんだ!?そうだ、メルカリ側が、送料出品者負担をもっと目立つようにしてくれれば、購入者は安心できるんだ!!」と、自分の落ち度は棚に上げて(笑)出品者さんを恨んでみたり、メルカリにイライラしてみたりしていました(*´Д`)

ところがーー

実際に商品が届いたので中を確認してみると……

なんと、最後の方の巻が初回限定版の箔押しカバーだったのです(*´▽`*)

なんと、なんということでしょう!

あんなに送料高かったー!と怒っていた気持ちが、初回限定版だったことで「あぁ、出品者さんありがとう!!!」という気持ちに早変わり(笑)

中身を確認してから評価をしましたが、もちろん送料負担は私が見落としていたことなので出品者さんに落ち度はないので低い評価はつけませんが、

確認してから評価したことで「本当にありがとう♪」という気持ちで評価をすることができました(笑)

 

何事も、最後までいってみないと、良かったのか悪かったのか分からないなぁと実感したできごとでした(*´▽`*)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です