嫁姑問題の板挟みになる理由

嫁と姑(母親)の間で、板挟みになって苦しんでいる旦那様へ向けた記事です。

嫁と姑(母親)の仲が悪く、どちらも自分に文句を言ってきて、困り果てている……。そんな旦那様は多いのではないでしょうか。

ではなぜ、あなたの嫁と母親は、仲良くできないのでしょうか?

それは、「仲良くなって欲しい」とあなたが思っているからです。

 

「いやいやいや、嫁と母親に仲良くしてもらいたいのは、当たり前でしょう!」という声が聞こえてきそうですが、原因はコレです(笑)

順を追って説明しますね。

そもそも、あなたと結婚した嫁と、あなたの母親である姑は、「家」という会社の部下と上司です。部下と上司の関係もいろいろあると思いますし、友達同士みたいな主従もあるでしょう。しかし、部下と上司という関係性に変わりはありません。

嫁は、あなたと結婚するためには、姑という上司が必ず付いてくる。それは受け入れるしかないので、仕方なく受け入れている状態なのです。

でも考えてみてください。仕事の上司であれば、仕事が終わって家に帰れば、上司の顔を見なくて済みます。が、嫁からすると、プライベートな空間でこそ、家という会社の上司と顔を合わせなければならないのです。

どれだけ精神的にキツイか、お分かりいただけますでしょうか?

「でもさ、結婚したんだから、俺の母親を受け入れるのはあたりまえでしょ?」

と思った、そこのアナタ!

その考えが、嫁姑問題を悪化させます

あなたが、嫌いな上司と無理やり仲良くさせられそうになったら、どう感じるでしょうか?

「仕事だから仕方がない」と受け入れるかもしれませんね。嫁も、「旦那の母親だから仕方がない…」と最初は受け入れたかもしれません。でも、嫌なものは嫌なのです。嫌なことを我慢し、我慢に我慢を重ねた結果、感情が爆発して嫁姑問題に発展した……ということはないでしょうか?

嫁が爆発しようが、母親から愚痴られようが、あなたが全く気にならないのであれば、あなたの問題ではありません。その結果、離婚になろうが、実家と離縁しようが、なるようになれ、というのであれば、問題ないでしょう。

しかし、この記事を読んでくださっているということは、嫁と姑(母親)の関係をどうにかしたいと思ったんですよね?嫁に変わってもらいたい……、母親に変わってもらいたい……どうすれば、2人は仲良しに変わってくれるのだろう……?

しかし、人間、他人の言動を変えることはできません。気持ちなんてもってのほか。

「だったらどうしたら良いっていうんだよ!」

という部分ですが、結論は仲が良くない2人を認めることです。

嫁は、姑を嫌いなままで良いのです。

姑は、嫁の破天荒な言動を受け入れられないままで良いのです。

そう、あなたが思うことです。

「それじゃ本末転倒じゃん!仲良くなれなきゃ意味がない!」

と思うかもしれませんが、逆です。仲良くなれないのに、仲良くならなきゃいけないというプレッシャーを与えるから、火に油を注ぐ結果になるのです。

水と油を混ぜ合わせようとするから、混ざらなくてイライラするのです。最初から混ぜようとしなければ、イライラしないと思いませんか?だって、混ざらなくて当然ですから(笑)

「だって、母親は嫁を受け入れてるのに、嫁が母親を邪険にするんだよ……」

という場合は、あなたのお母さまが、嫁にとって有難迷惑な行動をしていることが多いです。「良かれと思って」は、あくまで「良かれと思って」であって、嫁にとって良いかどうかは、嫁が判断することです。嫁としては、お母様の「気持ち」に感謝することは必要ですが、お母様の「言動」を受け取るかどうかは、嫁が決めて良いのです。

それを、「せっかくの親切を受け取らない嫁が悪い」というように周りがジャッジしてしまうから、嫁が反発するのです。

あなたもジャッジしてしまっていませんか?

今一度、ご自分の言動を振り返ってみていただけると、嫁としては嬉しいです( *´艸`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です