姑の過干渉への対策|家に何度も来る6つの理由

­姑が何度も何度も、あなたの住んでいるアパートに訪問するとき…

気は使うし、対応で時間が取られる­し…できればもう少し減らして欲しい。むしろ来なくて良い!

そう思うこと、ありますよね。

そんな姑が、何度もあなたの家に来る理由とその対策についてお話します。

姑が「息子夫婦の家に何度も来る」6つの理由

原因はいろいろ考えられますが…今回は以下の6つの理由について見ていきたいと思います。

舅と仲が悪い、かまってほしい

姑の夫、つまりあなたの舅と仲が悪い場合。
その場合は、あなたが結婚する前から仲が悪かったことが予想されます。ということは、姑は、自分の夫よりも、息子であるあなたの夫の方を頼っていたことでしょう。
つまり、「私の面倒を見て!」と息子を頼りに来ているのです。家にいても舅とケンカになってしまうので、それを回避するための避難場所にしている可能性もあるのではないでしょうか。息子夫婦を味方につけたい、息子夫婦にかまって欲しい、という願望があるのかもしれません。

息子から離れられない(子離れできない)

上記と少しかぶりますが、上記は舅との関係が主な原因であるのに対して、こちらは「子離れできていない」というニュアンスです。
うちの姑もよく「子どもは、大人になっても”子ども”なんだよね」と言います。
もちろん、あなたの夫は姑の息子であることに変わりはないので、間違ってはいないのですが…。その言葉を聞くたびに「自分がいつまでも保護してあげなければいけない」というニュアンスに聞こえてしまいます。
成人しても、結婚しても、いつまでも息子のことを「自分が保護してあげなければならない」と思っている(無意識の場合もあります)可能性があります。

やりたいことがない、友達が少ない

姑自身の趣味がなく、他にやりたいことも見つからないため、息子夫婦が気になって仕方がない可能性があります。
私たち嫁世代は、結婚したばかりで夫婦で決めなきゃいけない問題が山積みだったり、子どものことで精いっぱいだったり…やること、やりたいことが山のようにあります。
かたや姑は、子育てはすでに卒業しており、仕事をしていれば仕事で忙しいかもしれませんが、それ以外にやることがない、という場合も。
姑の若いころは、自分の趣味に時間を使うヒマもなく子育てで忙しかったのでしょう。子育てから解放された今、やりたいことがなく、やらなきゃいけないことも、それほど多くなく、ヒマになってしまっている姑が多いようです。もし、自分のことで精いっぱいだったら、こちらに構っている余裕はないはずです。
また、友達が少なく、出かける用事もほとんどないから、息子夫婦のところに出かけてくる場合もあるようです。

孫に夢中

これも多い理由かと思いますが、孫がかわいくてかわいくて仕方がない状態の場合。
息子や嫁が迷惑と感じるかどうかにまで気を遣えておらず、孫かわいさに、孫に会いたいがために、息子夫婦の家に押しかけます。
この場合h、息子夫婦宅は「別世帯」という認識はなく、自分の家の延長と認識している可能性があります。また、「孫なんだから、孫に会いたいだけなんだから、遠慮する必要はない」という考えのお姑さんもいるようです。

手伝っているつもり(助けになりたい)

実は、息子夫婦のためを思って、息子夫婦の助けになりたいと思い、毎日のように訪問している姑も、世の中にはいるようです。
自分が子育てをしていたときに、もう少し手助けが欲しいと思っていたのか…?自分が息子夫婦の家を訪問し、家事を手伝うなり、孫を見ているなりすることで、息子や嫁が助かると、本気で思っているようです。

嫁と仲良くなりたい(頼って欲しいと思ってる)

上記とも少しかぶりますが、息子夫婦に頼って欲しいと思っている場合。
嫁と仲良くなりたいと思っている場合もあるようです。特に、姑の子どもは男の子のみ、という場合に多い気がします。
嫁に、できれば本当の娘のように接して欲しいと思っているお姑さんも、世の中にはいるようです。

どの理由にしても、私たち嫁にとってはただただ迷惑な話ですよね。

「姑が過干渉になる理由なんてどうでもいいから、とにかくほっといて欲しい!」

という気持ちは分かります。私もそうでした(笑)

対策については下記の記事をご覧ください。

姑の過干渉への対応策|家に何度も来ることへの6つの対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です