姑の嫌みへの対処法|姑に悪気がない場合の対処法

姑から嫌みを言われて困っているお嫁さんは多いと思います。

そんな、精神的なダメージを受ける「嫌み」ですが、2種類あることをお話しました。

姑の嫌みへの対処法|「嫌み」は2種類ある!

今回は、そのうちの一つ、「姑に悪気がない場合」の対処法です。

「悪気がない」というのは、「あなたに対するマイナス感情から言っているわけではない」ということ、と定義させていただきます。

姑の、その時の言動には悪気がなかったとしても、「そもそも、嫁に対してマイナス感情を持っている」ような姑の場合は、悪気がない」には含みません

それでは、姑に悪気がない場合について見ていきます。

姑に悪気がない場合は、多くの場合、受け取るこちら側の問題であるということ。

嫌みに聞こえるとき、以下に示す状態になっていないでしょうか?

構えすぎていませんか?

「姑になにか言われたら嫌だなぁ…」「とにかく、何事もなく、平穏に暮らしたい!」「怒らせないように、機嫌悪くならないように…」

こんな感じで、姑といざこざを起こしたくないがために、ビクビクしているのではないでしょうか?「姑は、嫁に意地悪をするもの」というイメージがある場合も、あるかもしれません。

風船をいっぱいいっぱい膨らませると、ちょっとしたことでパンっ!と割れてしまいます。あなたも、大きく膨らませた風船状態なのかもしれません。

風船は、空気が少しでも抜けていれば、ある程度押してもすぐに元に戻ることができます。

「次はどんなこと言われるのかな!?」「嫌なことだったらどうしよう…」と構えすぎず、少し肩の力を抜いてみましょう。大丈夫、姑はあなたを攻撃しようと思って言っているのではなく、ただ目の前の事実を口にしているだけなのです。

コンプレックスがあるのでは?

おかずの魚を焦がしてしまったときに、姑が「あら、焦がしちゃったのね」と言ったとします。

もし、あなたが料理が得意で、普段は上手に作れるけど、今回はたまたま焦げちゃっただけだったら、「あちゃー、やっちゃった…」と思うことはあっても、今回はたまたま失敗しただけだ、と思えるでしょう。

しかし、もしも料理に自信がなく、さらにそれを気にしていた場合……。

いつもあまり上手にできない上に、今回も失敗。落ち込んでいるところに、追い打ちをかけるように「あら、焦がしちゃったのね」と言われたら…。「もしかして、料理下手だなぁと思ってるかな…?」「こんな嫁を貰って、旦那は不幸だと思ってたりして…」など、姑の言葉を悪い方に拡大解釈してしまっているかもしれません。

姑は、目の前の事実を口に出しただけで、それ以上の意味があるわけではないということを、思い出しましょう。

あなたが姑にマイナス感情を持っているのかも?

もしかしたら、姑があなたに…というよりは、あなたが姑にマイナス感情を抱いているのかもしれません。

あなたは「鏡の法則」というものをご存知でしょうか?鏡の法則とは「現実に起きていることは結果であり、原因はあなたの中にある」というものです。

私なりに説明させていただきますと、「あなたが姑にマイナス感情を持っているから、姑があなたにマイナス感情を持っているように見えるのだ」ということです。

魚を焦がした時に「あら、焦がしちゃったのね」と言われたとき、「ダメな嫁ねぇ」と聞こえていたのは、あなたが「魚を焦がすのはダメな嫁だ」と思っているからです。

今度ためしに、無理やりにでも「姑は私に好意的だ」ということにして、姑の言動を受け止めてみてください。「あら、焦がしちゃったのね」というセリフが、「大丈夫?火傷しなかった?」に聞こえるかもしれませんし、そのあと魚焼きグリルを掃除してくれる姑が「こんな嫁に任せていられないわ!」ではなく、「いつも料理作ってくれるから、片付けくらいは私がやるわ!」というニュアンスに見えてくるかもしれませんよ。

 

いかがでしたでしょうか?

「頭では分かってるんだけど、感情がついていかない!」ということ、ありますよね。

そんなときは、焦らず、まずは自分の心を満たすことから初めてみましょう(*^_^*)

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です