【嫁姑問題】姑が社交的過ぎて辛い!そんなときは…

嫁であるあなたは、あまり社交的ではなく、できれば一人でいたい。

方やお姑さんは、社交的でたくさん友達がおり、他人と接することを苦と思わない。むしろ、誰かと一緒にいたい。

こういうパターンの場合、嫁側にストレスがたまることが良くあります。

 

人と一緒にいたい姑と、人と一緒にいたくない嫁。

こんな性格の組み合わせの嫁姑が上手く行くためには、どうしたら良いと思いますか?

 

もちろん、自分はあまり人と接するのが好きではないことを伝え、そっとしておいてもらうことも良いでしょう。

配慮のあるお姑さんであれば、ある程度こちらの気持ちを汲んでくれるかもしれません。

しかし世の中、配慮のあるお姑さんばかりではありません。問答無用で家に遊びに来たり、旦那の兄弟(あなたからすると義理の兄弟)を引き連れて、「一緒にお出かけしましょう!」と誘いにくることもあります。

この対処法として一番ダメなパターンは、相手が気づいてくれるまで待つというもの。

お姑さんは社交的で、人といるのが好きな人なのです。「人と接すると疲れる」という感覚を理解できないと思って良いでしょう。

あなたも、お姑さんが「人といると元気になる♪だからいつも誰かと一緒にいたい!」という気持ちは、理解できませんよね?それと同じです。むしろ、あなたのためを思って、あなたを元気づけようと思って、あなたも楽しんでいると思って、あなたを誘うのです。

ある意味、姑に悪気はありません。むしろ良かれと思ってやっているのです。

ありがた迷惑だと思うあなたの気持ちは分かります。

もちろん、いくら良心からの行動だとはいえ、あなたが嫌なら断って良いのです。

しかし、こうも考えられませんか?

これは、人と接するのが苦手な私が成長するチャンスだ!と。

もちろん、苦しくて苦しくて…もうダメ!という心境なのに、我慢して姑に合わせる必要はありません。そんなときは、自分を大事にすることが先決です。無理せず休んでください。

しかし、人間は他者と交流しないと生きていけないようになっています。

他者と交流することで成長するようにできています。

あなたが、このような状況に置かれたということは、あなたが成長するタイミングなのかもしれません。

もし、少し頑張れるのであれば、他者と交流することに楽しさを見出す努力をしてみるのはいかがでしょうか?

私の場合、半強制的にですが、他者と交流する機会が増え、あれよあれよという間に他者と交流することへの苦手意識が薄れてきました。

もちろん、一人でいることが好きという私はそのままです。しかし、他人と一緒にいても、それなりにリラックスした状態でいられるようにもなりました。

何度も言いますが、どうしても気が進まなかったり、体調にまで影響が出たら、ちゃんと休んだ方が良いでしょう。

しかし、もし頑張れそうなら、この状況から自分は何が得られるのか?と考え、姑に合わせてみる。そちらに意識を向ければ、ある意味自分の成長を楽しめる時間になるのではないでしょうか。

気持ちに余裕のある方は、ぜひ挑戦してみてください^_^

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です