【嫁姑問題】まだまだ「過去の出来事」と割り切れていない

あおいわし

嫁姑問題を解決に導くお手伝いをしています、あおいわしです

なんて、毎回記事の頭に書いていますが、実は、あまり嫁姑問題に触れたくないというのが正直な感情です(;´Д`)

あなたの嫁姑問題に触れたくないというよりは、私自身の過去の嫁姑問題を思い出したくない、ってニュアンスです。

それはなぜか?

記事を書くためには、自分が経験した嫁姑問題を事細かに思い出す必要があります。思い出さないと、リアルな記事は書けません。

でもね、出来事を思い出すと、その時の感情も一緒に思い出してしまうんです(゚Д゚;)

結婚してから5~6年は、けっこうキツかったんですよ、精神的に(^^;

今は、自分も成長したし、義母もきっと成長したのでしょう。たま~に『え゛…!?(゚Д゚;)』ってなことはありますが、メンタルをやられることもなく、すぐに通常稼働に戻ります。

だから、一時的に嫌な感情を思い出したとしても、またすぐに普通に戻るのですが……

それにしても、一時的にでも嫌な感情を思い出すのって、それこそ嫌じゃないですか…?(;’∀’)

もしくは、記事を書くために世の中はどんな問題があるのかな?なんて検索したりもするのですが、それも私にとっては苦しい作業になります。嫁姑問題を扱っているのに、嫁姑問題に触れたくないのです。

なんで過去のことなのに、そんなに苦しいんでしょうねぇ?

つまり、私にとって嫁姑問題は過去の出来事ではなく、まだまだ現在進行形の問題だということなんだと思います。

一般的には傷つきそうな出来事も、人によってはまったく気にしていなかったりしますよね?

過去のことだし~とキレイさっぱり清算できていれば、こんなに苦しくはないのではないかと(^^;

その出来事(その時の感情?)に囚われてしまって、なかなか抜け出せないから苦しくなる。

でもね、自分が苦しいから「これはきっと世の中のお嫁さんも苦しんでいるはず!助けになれるはず!」なんて思えるのでしょう。だって、自分が苦しくなければ、他人が苦しんでるなんて気づかないですもんね(*´Д`)

というわけで、私も「今は嫁姑問題なんてありませ~んヽ(^o^)丿」みたいな顔してますが、まだまだ改善しなければならない状況や感情が山積みです。

一緒に、心から幸せを感じられる日々を選択しましょうね~(*’ω’*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です