姑から無視された話

あおいわし

嫁姑問題を解決に導くお手伝いをしています、あおいわしです。

今日は、姑からしばらく無視され続けていたときのことをお話します(^^;

きっかけはちょっとしたすれ違いだったと思うのですが、その日から挨拶しても返答なし、会話は必要最低限。

とても居心地の悪い時期がありました。

攻撃らしい攻撃はしてきませんが、シカトという攻撃はしばらく続きました

当時の私はとても悩みまして、「大人なんだから、あいさつはするべきでしょ?社会人失格!」と思っていました。

旦那に助けを求めて、「お義母さんに何か言ってくれない?」と根回ししてみても、旦那が何かしてくれるわけではない。

思わず旦那に「あなたのお母さん、本当に社会人なの?子どもなんじゃない?」なんて罵ったこともありました(^^;

あおいわし

旦那様、その節は失礼いたしましたm(__)m (笑)

いろんな人に愚痴を聞いてもらった結果、私も無視し返しても良かったのですが、「やっぱり大人としての対応をしよう」と思い、無視するのはやめました。

でも、やはり挨拶を返してもらえないのは精神的に厳しかったので、苦肉の策として「家に挨拶をすることにしよう」と思い立ちました。

やり方はというと――

帰ってきて、義母が見えたら「ただいまー」といいますが、「私は家に言っているんだ、義母に言っているわけじゃない」と自分に言い聞かせました。

こうすることで、義母から返事が返ってこないことによる私の精神的ダメージは、少し軽減される気がしました。

だって、家に挨拶してるんだから、返事が返ってくるはずないですよね?(笑)

周りからすると、顔を見て言っているわけではないですが、義母に挨拶しているように見えていたはずです。

日常会話は、必要最低限は続け、「こちらは、あなたに対して何の感情も持っていませんよ」みたいな態度を続けました。

それを続けていると、あら不思議。

未だにプリプリして私を無視し続けている義母が、なんだか滑稽に見えると言いますか……

「義母ってば、子どもだなぁ~…」とか、「怒りの感情を持ち続けるって、結構エネルギーいるよね」とか、客観的に見えるようになってきました。

年齢的には義母の方が上ですが、魂の年齢は私の方が上なんじゃない!?みたいな感覚が生まれました(^^;

あおいわし

そこで優越感を感じている時点で、大して魂レベルが高そうでもないですが(笑)

そうなると、「私の方が大人なんだから、義母の成長を温かく見守ってやるか」と思える心の余裕が出てきました。

 

このシカト事件がどのくらいの期間続いたかは、はっきりは覚えていませんが、いつの間にか普通に会話できるようになっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です